スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

卒園式

2010/04/01 Thu 13:54



miuは1歳になった10月に保育園に預けました。
健診などで泣かない、環境の変化にすっと入りこめる子だったので大丈夫だと思っていたのですが、反面、私の方が心配で心配で泣きそうになってしまって・・・(実際、泣きました)
主人を保育したことがある先生がまだ何人かいらしゃって、長女を孫のようにかわいがり、
「たまにはお母さんの休息が必要なのよ。辛かったら、みていてあげるからおいしご飯を食べに行ったり、リフレッシュしてきてね」
と園長先生が言ってくださったこともありました。
先生達が手厚い保育をしてくださったので、家ではおおらかに、ゆったりとした子育てができたように思います。
長女を預けた時は、製陶所に復帰をし、今は主人の仕事のお手伝いができることは、保育園があったからこそ。
保育園への感謝の気持ちでいっぱいです。

卒園式では号泣するのかと思ったのですが、もらい泣きばかりで、なんだか自分の子供ではないような感じがしました。
卒業証書を受け取り、くるりと振り向き一言、
「さか上がりが上手にできるようになりました」
と長女が言い、壇の下で私が待っていて、長女が、
「ありがとう」
と卒業証書とメッセージカードを私に渡しました。
そして、私も長女にあてたメッセージを渡しました。
私が長女に書いたメッセージは、

みうへ
そつえん おめでとう!!
もうすぐ しょうがくせい。
ママはとてもうれしいです。
いままでおせわになった すべての人にかんしゃしようね。
いつもおてつだいをしてくれるきがきくみう、いもうと、おとうとのめんどうをよくみてくれるやさしいおねえちゃん。
いつもありがとう。
みうのえがおがママのパワー(ちから)になります。
ママより

と書きました。
さよならぼくたちのほいくえんを歌っていたら、1人の男の子が嗚咽がでるほど泣いてしまって、また、もらい泣き。
赤ちゃんから知っている子だったので、なおさら泣いてしまいました。
先生と年少、年中さんが花道をつくってくれて、折り紙の吹雪の中、保育園を後にしました。
証書の中には、入園時の集合写真と、卒業間近の年長さんの写真が貼ってありました。
ほっぺが真っ赤なmiu。
赤ちゃんだった、クラスの子達、みんな大きく育ちました。
おめでとう!
みんな、おめでとう!



ブログ | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
卒園おめでとう(^-^)

satoちゃんもしっかり子育てした中間表彰みたいなもんだね。


文章よんでるだけで、こちらも目頭熱くなります。
年を取ったせいか、チビッコの一生懸命さが特に涙のツボにハマる今日この頃…(笑)。


次はいよいよ入学式だね♪良い思い出となる日を過ごして下さい!
つるさんへ
よその子の頑張りに泣けます。
miuでは泣かないのになー。

あ、末妹、無事、男児を出産したよ。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。