スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

キッカケ祭

2010/10/29 Fri 15:50



ゾーファンチィで開催された“キッカケ祭

盲導犬やパピーと触れ合うことができ、点字体験もやってきました。
みつろう蝋燭作りもやっていて参加してきました。

東日本盲導犬協会のスタッフや、盲導犬訓練中の犬や、パピーウォーカー(生後約50日から約1年間、ご自宅で盲導犬候補の仔犬を飼育していただくボランティア)の方が来ました。
天才!志村どうぶつ園で、ボビーがパピーウォーカーになって、ラブラドールを飼っています。
そのラブラドールは、栃木県にある東日本盲導犬協会 から預けられた犬だそうです。
ちゃんと、ボビーが来て話を聞いていましたよと、スタッフの方が言っていました。


・・・15年前に盲導犬のことを知り、その大切さを知ったボビーは、東日本盲導犬協会で子犬を預かりました。
ラブラドールのパピーを育てることに、社会貢献をしようと、責任感や思いやりを学んでほしいと。
でも育てる期間は1年間。
1年間育てたら別れなければならない。
子犬を連れ、家に帰ると3人の子どもたちは大喜び
普通の生活ができるよう1年の間、頑張ってお世話する
それを約束して新しい生活が始まった・・・


盲導犬やパピーウォーカーについて知らないことがいっぱいでした。
盲導犬協会では、パピーとキャリアチェンジ犬(盲導犬になるのは10頭中3~4頭で、盲導犬にならなかった犬(キャリアチェンジ犬)はすべて、よき家庭犬になるようにしている)を育ててくれる方を探しているそうです。

チャボやにわとりを飼いたいので、猫が多いから犬を飼おう。
黒ラブラドールを飼いたいと家族会議を開いている我が家。
パピーやキャリアチェンジ犬を育ててもいいなと私は思っているのですが、夫が慢性鼻炎なので、家の中で飼うことが出来ないので断念です。
パピーやキャリアチェンジ犬は、室内での飼育ができないとダメなようです。

「盲導犬は、とても頭がいい犬と思われがちなんですが、そうじゃないんです。
目的場所へ、連れて行ってくれていると思うでしょう?
そうじゃないの。
訓練を受けているのは、4つだけ。
段差があると止まる。障害物があると止まる。角で止まる。交差点で止まる。
連れて行ってくれているわけではないんです。
1番目が見えない人が困るのが、音の出ない信号機で、盲導犬にGOがなかなか出せない。
もしそういう交差点で困っている人を見かけたら、声をかけてくださいね」


IMG_3724.jpg IMG_3788.jpg


点字を読んだり、打ったりした子供達。
とても良い経験になりました。
子供ってすごいなーと思うのが、点字をすぐ読めるようになったこと。
たぶん、すぐ忘れちゃうと思うけど。


IMG_3740.jpg IMG_3738.jpg


みつろうキャンドル。
芯を溶けているみつろうにひたして作るはずだったのに、丸がいいと言うmiu。
おいおい。
急遽、丸に変えてくれて作りました。
作家さんが、
「バタバタしちゃって、うまく教えられなかったので・・・」
と3つのキャンドルをプレゼントしてくれました。
ありがとうございます。
2つはハートの形で、かわいい。
クリスマスの飾りにぴったりな色合いです。


IMG_3822_20101029160714.jpg







ブログ | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。